トップにもどる

◆ROCKetc.なアイテム◆


bitter sweet symphony
Urban Hymns/ the verve
1997


consideration
Glow/ REEF/1997
REEFのセカンドアルバム
現在の活動は!!??



good enough
Good Enough/ DODGY/1996


サヨナラCOLOR
SUPPER BUTTER DOG/2001
彼らの分岐点となった曲
この曲を発表後、活動休止最近復活?


Wake Up Boo!
Wake Up!/ The Boo Radleys
/1995


You're So Great
Blur/ blur/1997
この曲は現在脱退してソロ
活動をしているギタリスト
グレアム・
コクソン(HP)
がボーカルをとっている
blurサイト

◆◆◆ネット小説の人気投票に参加しています。この作品が気に入ったらクリックしてENTERを押し、
投票してください。(月1回) 投票していただけると励みになります。◆◆◆うるふ
◆ネット小説ランキング>恋愛シリアス部門>「ロックンロールとエトセトラ」に投票◆


ここは、番外編のページです。本編は読みましたか?
まだ、という方は、こちらに戻ってくださいな
↓↓↓



Return
OK GO
OK GO /2002


One Ray of Sunlight /
The Guest/ Phantom Planet /2002
オフィシャルサイト


star shaped / Modern Life Is Rubbish
/ blur/1992


Blue Light / Bloc Party
Silent Alarm /2005


All Over me /
Graham Coxon/ Happiness in Magazines

 
本編が終了してしまったロックンロールとエトセトラですが、
やっぱり寂しい、ということで、番外編を開始します。
彼女たちのセカンドイヤー。レコード契約後の状況。
それから、今まで私たちが知らなかったメンズたちの私生活などなど。

本編と時間軸が行ったり戻ったりしますが。
トップバッターはアンディ。

Y T

◆1/ writing to reach you / by アンディ・ソーン◆

    
なにかと謎の多いアンディですが。実は、私が思っていたよりも、彼はダークでした。
裏アンディ。アンディの本音と過去が詰まった短編。
タイトルは、イギリスのバンド、travisの曲のタイトルをもらいました。
『きみに伝えるために書くよ』というような意味です。

もくじへ進む◆(HPポケスペへ飛びます)

2006.9.19(了)

◆2/ HEARTBEAT / by ジェイミー・ブラウン◆

     
ミルレインボウのその後。本編の数カ月後です。
念願のアイ・スクリームフェス出場の模様を、ジェイミーの視点から。
ジェイミーのいい彼氏ぶりに、うきうきしてください。タイトルはいわずと知れたTAHITI80の名曲。
君のそばにいるだけで胸がどきどきするんだ。っていう内容です。
もくじへ進む◆(了)
◆3/ EYESCREAM FES/ by オールスターズ◆


Heartbeatと同日、フェスの後の模様をそれぞれの視点から
たくさんの人の愛情を受けて、ミルレインボウはすくすく育っています

もくじへ進む◆現在アップ中

◆◆◆ネット小説の人気投票に参加しています。この作品が気に入ったらクリックしてENTERを押し、
投票してください。(月1回) 投票していただけると励みになります。◆◆◆うるふ
◆ネット小説ランキング>恋愛シリアス部門>「ロックンロールとエトセトラ」に投票